不動産関連資格カテゴリの記事一覧

不動産関連の国家資格について

不動産関連の国家資格に関しては、以下のものがあります。

@不動産鑑定士
A司法書士
B土地家屋調査士
C宅地建物取引主任者
Dマンション管理士
E管理業務主任者


以上の6つが、代表的な国家資格となっています。

@は、国家試験である不動産鑑定士試験に合格した後、国土交通省が作成する不動産鑑定士名簿に登録された者であり、不動産についての適正価格と有効利用を判断する、不動産関連の専門家です。

具体的には、国や地方自治体が行う地価公示や相続税標準値の評価を行ったり、個人や企業に対して総合的なアドバイスを行うなど、不動産の良き相談相手となっています。

Aは、司法書士試験に合格した後、一定期間の研修を受けた者のこと。

登記簿の作成に限らず、最近では簡易裁判所での訴訟代理権を受け持つなど、その業務内容の幅が広がってきています。

Bは、土地家屋調査士試験に合格し、他人からの依頼により、土地や建物の物理的状況や利用状況を調査する者のこと。

不動産登記において、権利の登記が司法書士であり、表示の登記はこの土地家屋調査士が担当しています。

Cは、宅地建物取引主任者試験に合格後、宅地建物取引業者の相手方に対して、重要事項の説明、重要事項説明書への記名・押印などを行う国家資格者のことです。

Dは、マンション管理士試験に合格し、マンション管理組合の運営、建物の構造上の問題などのマンションの管理において、管理組合の管理者またはマンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言や指導を行うことを業務とする者のこと。

試験に合格後は、マンション管理士として登録する必要があります。

Eは、マンション管理の前提となる、管理受託契約の重要事項の説明から、受託した管理業務の処理状況のチェック等及びその報告に至るまで、マンション管理のマネジメント業務を担う者のこと。

事務所ごとに国土交通省令で定める人数の設置が義務付けられています。

管理業務主任者となるためには、まずは管理業務主任者試験に合格後、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証の交付を受ける必要があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。